トップ シロアリ駆除ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

シロアリ駆除ナビシロアリの駆除 > シロアリ駆除薬剤の安全性

シロアリ駆除薬剤の安全性

シロアリ駆除薬剤の安全性の画像

もしシロアリの生息状況に合わない薬剤などを「安全だから」といって大量に散布することによって、必ず目標以外の生き物にも影響してくるのです。今現在では問題がないからといって大量の散布を放置することによって、その薬剤は必ず将来社会的な批判を浴びて使用できなくなると思うのです。皆さんは、シロアリの駆除剤ってなにがつかわれているのか考えたこがありますか?身の回りにはない、聞いた事もないような名前の薬剤なのですがホームセンターなどの園芸コーナーにおいてある殺虫剤の成分にも含まれているそうなのですよ。

例えば、クロルピリポスや、フェニトロチオン、ホキシム、エトファンブロックス、ペルメトリンなどです。また、(社)日本しろあり対策協会が薬剤成分データ等を検証したうえで認定した薬剤などを選ぶ事も重要なポイントだと思います。ですが、「より安全」な薬剤になればなるほど、シロアリの生息状況に合わなくなって、よりいっそう薬剤の大量使用が求められて、悪循環となっていくのも事実なのです。また、薬剤も使用する方法や、量を間違えないようにすることで、危険でないとみなされることもあるのですが、それは決して必ずしも安全というわけではないのです。

シロアリの駆除剤は、強烈な化学物質なのです。薬剤そのものが有害であるとともに、その薬剤を溶かす溶剤も化学物質なのです。なので、もし化学物質が体内に入り込んでしまうと、シックハウス症候群などを引き起こしてしまうのです。また、シロアリ駆除の薬剤の保障期間が約5年間ということは、住宅を守るためには定期的に薬剤を散布せざるを得ないのが現状でもあるのです。

そして、定期的に薬剤を散布するということは、経済的にも費用が必要となってくるのです。はじめは入居前のだれもいないときにする散布がほとんどなので、特別気にならないのかもしれないのですが、5年後の散布となると、生活している状況での施工になってしまうのです。それは、健康を脅かすだけでなくて、将来的に考えると、周辺地域だけでなくて世界の環境破壊にもつながりかねないと思うのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


シロアリ駆除ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ シロアリとは

シロアリとは、名前や形などの特徴がアリに似ているのですが、アリとはまったく違った種類の昆虫なのですよ。なので、アリの仲間ではないのです。シロアリとは皮膚が非常に薄くて、乾燥しやすいので、光や、風、熱などを大変嫌っているのです。また、自分で水分を運べるシロアリもいるので、湿度だけが条件ではないのですが、一般的には、シロアリは湿気があって暗くて空気の触れないところを好んで生息しているのです。また、地表に出てくることはほとんどありません。なので、滅多に人目にふれないので、知らない

シロアリ駆除ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。