トップ シロアリ駆除ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

シロアリ駆除ナビシロアリの駆除 > シロアリ:薬剤散布による防除工法

シロアリ:薬剤散布による防除工法

シロアリ:薬剤散布による防除工法の画像

シロアリの駆除剤は、強烈な化学物質なのです。薬剤そのものが有害であるとともに、その薬剤を溶かす溶剤も化学物質なのです。なので、もし化学物質が体内に入り込んでしまうと、シックハウス症候群などを引き起こしてしまうのです。また、多様で限られた条件に対処するには、薬剤も多様性が必要となるのです。また、シロアリの生息状況に合った薬剤や、剤形なら、薬剤使用量を必要最低限に抑えることもできて、「安全な薬剤」の大量散布よりもはるかに目標外への影響を削減できるのです。

また、広告などで「原料が自然物だから安心です」という謳い文句を目にするのですが、自然抽出物なので、全て安全で、安心という訳ではないのです。そして、1950年代からの薬剤の大量散布では、本来的な薬剤の性質よりも、マニュアルどおりなら、どこでも誰でも一定の効果を得られるとされた個性のない 薬剤や方式を生み出しまったのです。また、シロアリ対策の各場面での最適な薬剤の選択肢を失わないように、個性ある薬剤を守る必要があると思うのです。

それこそがシロアリ対策での薬剤処理の安全性の確保の条件だと言われているのです。また、その第一歩は、マニュアル式の大量散布や、大量設置をやめることにはほかならないのです。殺虫剤としての薬剤は、すべて毒性を備えていると思います。なので、すべての薬剤は使用法を誤ればどれも人間生活を危険な状態にしてしまうのです。と言うことは「安全な薬剤」という のはありえないのです。

天然由来のものも含めて、人間が自身のために生み出した殺虫剤を「危険なもの」と「安全なもの」に分類するのは愚かなことだと思うのです。そして、毒性データや主成分の性質だけが安全性の基準でもないと思います。また、大工道具や医療器具が多様であるように、千差万別の条件下でシロアリとやりとりする技術者の意図に合う個性こそが薬剤の根本的な意義であって、個性という「道具」の 選択肢が多いほど効果が確実なのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


シロアリ駆除ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ シロアリ駆除薬剤とは

シロアリの防除施工に使われる薬剤などには様々な種類のものが数多く存在しているのです。害虫への効き目(効果)が高いことは勿論なのですが、お住まいになる方や、施工をする者への健康面への配慮を忘れずに、数多くの薬剤種類の中から極めて安全性が高くて、環境に優しい薬剤を厳選していく必要があると思います。 また、自分達でできるシロアリ対策なのですが、・古い切り株や廃材を家の周りに放置しないようにしてください。・庭や生垣の木製の支柱などはシロアリに狙われやすいので、避けたほうがいいと思い

シロアリ駆除ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。